中国語翻訳の依頼は現在ネット上で気軽に行うことが出来るのです

本棚

翻訳家を目指すなら、調査力や日本語力も必須

案内する女性

翻訳者として活躍目指すのであれば、第二言語(英語など他言語)能力も高いレベルが求められますが、まず自身の専門分野やそうでない分野での、専門用語や固有名詞といった言葉が、本当にその業界などで使われている言葉なのか、裏づけ作業が必要になります。
例えば翻訳した文章が文法的に正しく、読み易い文章であったとしても、調査力が足りず名詞等が間違っていれば、納品物として成り立たないためです。そのため、翻訳者は、技術関係で使用するような技術製品に関連する辞書など、多数の辞書を使い分けている人がほとんどで、翻訳に掛ける時間よりも、調べものに掛ける時間のほうが圧倒的に多いと言われるほどです。
一方で、他言語⇔日本語翻訳の場合、高い日本語能力が求められています。翻訳が必要とされる言語に対し、その訳語が正確なものなのか、常用外の漢字などを使用していないかといったことが、分かる力が必要となります。翻訳といえば、日本語以外の言語能力に注目されがちですが、辞書や訳語のメモリを行うパソコンソフト、様々なツールの準備をし、周辺環境を整えることをはじめ書籍のしっかりとした日本語を読み、日本語能力を養うこともお勧めいたします。

注目記事

ニュース

2016/07/26
翻訳を専門業者に任せた時の5段階の流れを更新しました。
2016/07/26
翻訳家には日々の努力が必須を更新しました。
2016/07/26
翻訳家の収入と現状についてを更新しました。
2016/07/26
翻訳家を目指すなら、調査力や日本語力も必須を更新しました。
TOP